2011年2月の記事一覧

京都大学など国立・私立4大学の入試問題がインターネット
掲示板「YAHOO!JAPAN(ヤフージャパン)知恵袋」に流出
した事件が世間を騒がせていますね。

そういうところに頭を使うのではなく、勉強に頭を・・・なんて、
どこのアナウンサーも言っています。それは、そうですが(笑)

どうしてそこまでして、京都大学、同志社大学、立教大学、
早稲田大学といった大学に合格したかったのか、興味が
ありますね。

1、勉強がしたかった
2、自分自身にブランドが付く
3、就職(将来)が有利になる

2、や3、のような理由であれば、本当の問題は
「携帯電話の試験会場への持ち込み禁止」では、
解決しませんよね。

ってことで、インターネット掲示板が注目されていますが、
情報商材を作成する際、ニーズを調べるのにも大変
役立ちますね。

・googleの検索窓に入れても分からない
・誰にも相談できない

そういった、困っていること、知りたいことが投稿されています。
インターネット検索しても分からない、誰にも相談できないような
問題を解決できる商材には、ニーズがあるということですね。

Yahoo!知恵袋・・・日本最大級のポータルサイトYahoo!のコミュニティ
はてな質問・・・はてなの質問コミュニティ

OK Wave・・・Q&Aでは日本最大級
ここでは、質問だけではなく「アンケート」もできるので、ニーズを
知るのにとても便利です。

便利なサービスですから、ルールを守って正しく使いましょう。

情報販売

米Googleが24日、検索アルゴリズムの大幅な変更を
行ったことを同社公式ブログで明らかにしました。

Googleでは、今回のアルゴリズム変更の意図として、
低品質サイトのランキングを下げ、高品質サイトの
ランキングを上げるものと説明しています。

低品質サイト=ユーザーにとって価値が無いサイト、
コピーサイト、役に立たないサイト

高品質サイト=ユーザーにとって価値があるサイト、
深いリサーチやレポートサイト、オリジナルコンテンツを
掲載しているサイト

としています。また、Googleでは、ユーザーから
フィードバックを受けた低品質サイトと、アルゴリズムが
判断した低品質サイトの比較結果に満足していると
いうことです。

アルゴリズムは進化しているということですね。

現段階では、米国でのみ行われていますが、
追って他の地域にも展開していく予定だそうです。

テクニックだけでSEOしていると、こういった変化に
対応できません。サイト運営者は常に、ユーザーにとって
有益なサイトにするよう、心がければなりませんね。

アフィリエイターにとって、Googleは共同体の様なものです。
そして、Google含め、全ての検索エンジンは、

「ユーザーが得たい情報を、早く正確に提供すること」

を常に目標にしています。これは変わりません。
だから、「ユーザー」目線を忘れずに、そこに多少のテクニック
(SEO)を追加するスタンスがいいと思います。

以前、NHKで放送された“グーグル革命”の衝撃
まだ見たことがない方は、是非一度見てみて下さい。

ちょっと怖い気もしますが(笑)
勉強にもなります。(49分あります)

SEO・アクセスアップ

ニーズが明確になったら、商材を作ります。
ただし、自分がそのテーマの専門知識を、持っているとは
限りません。むしろ、持っていないことの方が、多いと思います。

何事も分からないことは、専門家に聞くのが一番です。
最先端で多くの情報に触れ、整理された知識を与えて
もらうことを、しない手は無いですね。

便利なサイトもあります。
All about

ショッピング、住まい、マネー、健康・医療、グルメ、
ダイエット・・・などなど、その道のプロ(ガイド)に
取材や仕事依頼が出来ます。

直接的な「情報商材」に関する依頼は、
受け付けていませんが、取材は可能です。

依頼を受けて頂けるかどうかは、分かりませんが、
行動しましょう。

自分自身もそのテーマについて、本を5冊~10冊読む。
これで、取材できる程度の知識、多少のアドバイスが
出来るぐらいの力もつくと思います。

商材作成に限らず、仕事のできる人は、例外なく
「聞く」ことができます。そして、即行動できます。

自分より年下だから、後輩だから、変なプライドが
邪魔することもありません。変なプライドが邪魔をして、
聞くことができない人は、自分で成長する機会を
放棄している様なものです。

また、即行動できずにあれやこれや悩むのも、
時間のムダです。いつでも選択肢は2つです。

「やるか、やらないか」

2択でしかありません。極論ですが(笑)


○○○なら、Aさん
△△△なら、Bさん
×××なら、Cさん

そうやって、回りに聞くことができる人がいる人は、
自身の成長も、稼ぎも加速させることができます。

情報販売