アクセス解析の記事一覧

ブログやサイトを改善するには、
訪問者がどの様にブログやサイトを読んで、
行動しているかを知らなければなりません。

アフィリエイトは、見込み客に商品を紹介して、
アフィリエイトリンク経由で商品を購入してもらうことで、
アフィリエイト報酬が発生します。

つまり、アクセス解析でアクセス数、
アフィリエイトリンクのクリック数を計測することで、
ある程度訪問者さんの行動を把握することは出来ます。
しかし、どの様に読んでいるかまでは、分かりません。


どの様に読んでいるかまで分かってしまう、
無料のサービスはこちらです。
User Heat(ユーザーヒート)

・マウスの軌跡
・クリック場所
・読まれた場所

を可視化してくれるサービスです。
ブログやサイトを登録することで、


User Heat(ユーザーヒート)


この様に解析結果を表示してくれます。
非常に分かりやすいですよね。

登録すると埋め込み用のタグが発行されますので、
そのタグを自身のブログやサイトに設置するだけです。
基本的にはHTMLのBODYタグの終了タグの直前に
設置すれば大丈夫です。

後は、アクセスが集まるまで、少し待ちましょう。
1つのページを解析するのに、1,000~1,500PV程度が
必要になります。

注意点としては、無料版の場合、ランダムで表示される
サンプルページに解析結果が表示されることがあると
いうことです。

ほとんど公開されることはありませんが、
絶対に公開したくないという場合には、
無料版ではなく、有料版を検討して下さい。


アフィリエイトで稼ぐためには、
Plan(計画)→ Do(実行)→ Check(評価)→ Act(改善)
のPDCAサイクルを繰り返すことです。

User Heat(ユーザーヒート)は、
ブログやサイトで成約率を高めるのに役立ちますので、
是非、利用しましょう。

アクセス解析

アフィリエイトで稼ぐには、ページごとのアクセス数や
成約率などのデータを分析し、ページの修正や変更を
行っていく必要があります。

私は、無料のアクセス解析ツール、忍者アクセス解析
使っていますが、1つのツールを作成すると100ページまで
設定できます。

ページ設定の仕方は、ツールの作成後、解析結果の
画面左側の管理メニューから、「解析ページ設定」をクリック。


忍者アクセス解析


Page1、Page2、Page3・・・・・・・・Page100まで
表示されるので、それぞれのページ名称を変更します。


忍者アクセス解析1


変更が終わったら、今度は管理メニューの
「解析ソース」をクリック。


忍者アクセス解析2


ページごとのアクセス解析ソースが表示されます。


忍者アクセス解析3


表示された全てをコピーして、解析したいページの
<BODY>タグと</BODY>タグの間に貼り付けます。
すると、


忍者アクセス解析4


ページごとのアクセスを1画面で確認することが出来る様に
なりますし、スクイーズページやセールスページの成約率も
計算することが出来るので便利です。

数字を確認することでしか、ページの改善は出来ません。
成約率わずか1%の違いも、アクセス数が多くなれば、
大きな報酬の違いとなります。

アフィリエイトで稼ぐには、

Plan(計画)→ Do(実行)→ Check(評価)→ Act(改善)

のPDCAサイクルを徹底して行う必要があります。

アクセス解析