自分のサイトで狙っているキーワードを検索してみると、
・・・・・あれっ、無い?

検索していくと13ページ目まで、下がっていました(^_^;)

FerretPLUSでは、狙っているキーワードで自分のサイトが
検索順位の何番目かを確認できますが、


FerretPLUS


今まで、30位台だったのが、130位台まで、約100位
検索順位が下がってしまいました。30位台でもアクセスは
呼べないので、アクセス自体にあまり影響はないんですが。

検索してみると、下記5つが原因として考えられることが
分かりました。


1、Google Honeymoon(グーグル・ハネムーン)

検索エンジン、特にGoogleでは、新しいサイトを作成すると
2~4週間ぐらいの間、上位表示される傾向にあります。
その期間を過ぎると、順位が大幅に下がる傾向があります。


2、Google Sandbox Effect(グーグル・サンドボックス)

取得したばかりのドメインだと、一定期間、上位表示が
出来なくなってしまう現象。これには、Google独自の指標
TrustRank(トラストランク)が影響していると言われます。

しかし、Sandbox Effectについては、SEOのエキスパートの
間でも存在するかしないか、意見が分かれています。


3、検索アルゴリズムの変更

検索のアルゴリズムが変更されれば、検索順位も変動します。
検索順位で自分のサイトの近くに表示されていたサイト、
あるいは上位表示されていたサイトの順位も大幅に変わって
いたら、検索アルゴリズムの変更の可能性もあります。


4、スパム扱いされている

Googleウェブマスターツールを利用していれば、ペナルティの
通知を指定したメールアドレスに自動転送する機能があり、
ペナルティの状況を把握することが出来ます。

Googleウェブマスターツールを利用していなければ、

http://www.google.com/safebrowsing/diagnostic?site=調べたいサイトURL

で確認することも出来ます。


セーフ ブラウジング


このように、一番上の現在のステータスに
「現在のところ、このサイトは疑わしくないと認識されています。」
と記述されている場合、ペナルティは受けていません。

ペナルティを受けている場合には、ここに何らかの
問題が記述されます。その問題を改善して、サイトの
再審査をリクエストすることが出来ます。


5、Googleダンス

Googleの検索結果は、Googleクローラーがページを訪れる事に
よって更新されます。その間隔は、ほぼ1ヶ月で、だいたい
月末から月初にかけて更新されます。

Googleには、毎日数億のアクセスがあり、検索要求を受けます。
この要求に応えるため、Googleでは10,000以上のサーバーを
用意し、複数のデータセンターで管理・処理をしています。

こうすることによって、検索要求の処理を分散させて、サーバーの
不可を軽減させ、検索結果の表示を速くしているのです。

Googleは、検索結果を更新する時、サーバーを5日ほどかけて、
順番に更新していきます。10,000以上のサーバーがあるため、
短期間での更新が出来ません。

そのため、更新期間はデータセンターによって検索結果が
異なってしまう現象が起こります。この検索結果の揺らぎを
「Googleダンス」と言います。


ブログ(サイト)アフィリエイトで稼ぐには、検索順位は気になりますが、
あまり気にし過ぎず、スパム判定されていなければ、何もしないで
静観しておくのが良さそうですね。