オールドドメインとは、ドメインエイジ(ドメインの年齢)が
長いものの総称です。

ドメインエイジが長いほど、検索エンジンから信頼され、
評価が高くなります。検索エンジンで検索された際に
上位表示させやすくなります。

通常、2年目ぐらいでドメインの評価が安定してくるので、
オールドドメインと呼ばれます。

5年以上経ったものは特に評価が高いことから、
5年以上のものだけをオールドドメインと呼ぶ人もいます。
明確な、規定はありません。

また、オールドドメインは種類によって、様々な呼ばれ方を
します。以下、紹介します。

・中古ドメイン・・・更新されず、使用者がいないもの。

・ビンテージドメイン・・・ドメインエイジが非常に長いもの。

・期限切れドメイン・・・ドメインの更新期間を過ぎても、
更新されていないもの。

・失効ドメイン・・・ドメインの更新を忘れた人の救済措置として、
失効後45日間は第三者による取得が制限されます。
この期間中のもの。

などがあります。

特に、ブログアフィリエイトやサイトアフィリエイトで稼ぐには、
中古ドメイン取得のメリット・デメリットについては、理解して
おかなければなりません。

中古ドメイン取得のメリット・デメリットについては、
明日お話しします。