ネット広告の分野で良く出てくる言葉に
「コンバージョン率」と「CPA」があります。

コンバージョンとは、自分のサイトにやってきた
ユーザーに最終的に取って欲しい行動(商品購入、
資料請求、登録など)のことです。

コンバージョンとは、直訳すると「変換、転換」という
意味です。転じて、ネット広告の分野では、サイトへの
訪問者から、顧客、あるいは見込み客への「変換、転換」
という意味でコンバージョンという言葉が使われます。

では、コンバージョン率とは、一体何か?

サイトに訪問した人やアクセスのうち、何パーセントの人が、
コンバージョン(商品購入、資料請求、登録など)をしたのかを
表す指標です。「成約率」とも言いますね。


また、同様にネット広告の費用対効果を測る指標として、
「CPA」があります。

「CPA」とは、Cost Per Aquisitionの頭文字を取ったもので、
コンバージョンを1件得るためにかかった費用のことです。

広告費用÷コンバージョン件数

で算出されます。


「コンバージョン率」と「CPA」、いずれも費用対効果を測る
指標となります。

また、アフィリエイトではコンバージョン率は広告とは、
関係のないところでも良く使われます。

メルマガ、セールスレター、サイトで、アフィリエイトや
メルマガ登録を促す際に測定します。数字は、
嘘をつきません。

どういった文面がいいのか
どういった構成がいいのか

常に検証しましょう。コンバージョン率の高さは
稼ぎに直結します。