「明日やればいいや」
と物事を先延ばしにしてしまうことがあります。

今日のタスクが山積みで、頑張ったけれども
出来なかった場合には、明日のタスク次第で
こなすことが出来ると思います。

しかし、ただ単にさぼってしまって
出来なかった場合には、
明日のタスクに関係なく出来ません。

明日はちゃんとやろうと思って
物事を先延ばしにしますが、
今日出来なかったことは、
明日になっても出来ません。

「いいや、そんなことはない」
と思う人がいたら、今までの自分の行動を
振り返ってみましょう。ほとんどの場合、
出来なかったことに気付くと思います。


人は、明日はもっと良くなると思いがちです。
新年なんかが、いい例です。

来年の目標として、
様々な目標を立てると思いますが、
今年出来なかったことは、来年も出来ません。

なぜなら、日付けや年が変わったからといって、
自然と自分自身が変わる訳ではないからです。


「明日やればいいや」
と物事を先延ばしにしようとしている自分がいたら、
明日も同じ行動をすると考えましょう。

目標を達成できない最も大きな要因の一つは、
物事の先延ばしです。今、出来ないことは、
いつになっても出来ないと思って行動しましょう。