アフィリエイターとして活躍し始めると、
「あなたの名前 詐欺」という言葉で
検索される様になります。

アクセス解析を入れていれば分かりますし、
有名な販売者やアフィリエイターなどは、
Googleの予測変換でも出て来ますよね。

そういった検索がされていることに、
最初はビックリすると思います。
しかし、悲観する必要はありません。


情報商材を一度でも購入したことがある方は
分かると思いますが、初めて情報商材を買う時、
自分がいいと思った商材でも、
すんなり買えなかったと思います。

情報商材が詐欺なのではないか、
販売者や紹介しているアフィリエイターは
詐欺師なのではないか、
そんな不安があったと思います。

リスク耐性の高い人は、
そのまま購入に踏み切れますが、
リスク耐性の低い人は、

「情報商材名 詐欺(評価)」
「販売者名 詐欺(評価)」
「アフィリエイター名 詐欺(評価)」

といった様なキーワードで検索して、
不安を払拭してから購入に踏み切ります。


何が言いたいかというと、
「あなたの名前 詐欺」で検索されるということは、
あなたから商品やサービスを購入しようとしている
見込み客がいるということです。

商品やサービスを購入しようとしていない、
全く興味の無い状態では、
「あなたの名前 詐欺」というキーワードで
検索されることは無いということです。

ですから、「あなたの名前 詐欺」というキーワードで
検索されていることが分かったら、
悲観するのではなく、むしろ喜びましょう。
人は興味があるからこそ、疑心を抱くのです。