あなたがレストランに入って、
ハンバーグ定食を注文する。

後から入って来たお客さんも、
ハンバーグ定食を注文する。

———-10分後———-

後から入って来たお客さんの
ハンバーグ定食が先に運ばれて来る。

あなたのハンバーグ定食は、
なかなか運ばれて来ない・・・。

こんな状況があったら、どうしますか?


店員さんに言う方もいるでしょうし、
言わずにもう少し様子を見るという方も
いると思います。

どちらにしても、不快に感じますよね。
私もこんな状況があったら、
不快に感じると思います。


ということで、私達は自分でビジネスをする際にも、
先に注文した人の商品を先に提供するべきと考え、
そう行動してしまいがちです。

確かに、多くの場合、その様に行動すれば、
多くの人に対して不快な思いをさせずに済みます。

しかし、それがアフィリエイターとして
売上や利益に繋がるかと言えば、
そうではありません。


アフィリエイターとして受ける問い合わせメールなどは、
来た順番から対応しなければならない訳ではありません。

他の人には、
どの問い合わせから対応しているか、
誰の問い合わせから対応しているか
は分かりませんしね。

後から来た問い合わせから答えてもいいですし、
答えやすいものから答えてもいいんです。
答える価値の無いものに関しては、
無視してしまってもいい訳です。

ある種のつかみどころの無さが
逆に相手を惹き付ける場合もありますから。


全ての相手をお客さんにしようと、
対応にばかり時間を取られてしまっては、
利益率の低いビジネスしか展開できません。

利益率の高いビジネスを展開したいのであれば、
自分が望む相手だけをお客さんにする様に
行動しましょう。

無理に繋ぎ止めている相手は、
遅かれ早かれ離れて行ってしまうものです。
望むお客さんに最大限の価値を提供できる様に、
順番を考えましょう。