会社勤めをしていて会社が用意する名刺には、
氏名、住所、電話番号、サイトURL、
メールアドレスが記載されていることが多いです。

この情報だけでも十分ですが、
自分がTwitterで稼いでいて、
Twitterを活用しようという様な情報発信をしているなら、
ネットビジネス用の名刺にはTwitter IDを記載するべきです。

自分がFacebookで集客していて、
Facebookを活用しようという様な情報発信をしているなら、
Facebook IDを記載するべきです。

Facebookでの集客を指導している人が、
名刺にFacebook IDを記載していなければ、
「本当に集客できているのかな?」
と思ってしまいますよね。

名刺1つですが、
こういったところも抜かりなく
準備しておきましょう。


ただし、大型のセミナーでは
こういった普通の名刺を渡しただけで、
わざわざTwitterでフォロワーになってくれる人、
Facebookで友達申請してくれる人はほとんどいません。

多くの人が沢山の名刺やチラシを貰う訳です。
普通の名刺を見返すことはほとんどありませんし、
ましてそこに書いてあるURLやIDにアクセスする人なんて
いないと考えた方がいいです。

Twitterでフォロワーを増やしたい、
Facebookで友達を増やしたいのであれば、
沢山の名刺やチラシに埋もれない様な
オファーや企画を盛り込んだ名刺を作成しましょう。