世界最大のSNSサイトのFacebookを創設した
マーク・ザッカーバーグらを描いた映画
「ソーシャル・ネットワーク」が日本でも公開され、
広がって来ていますね。

最近では、3/9にフォーブス誌が世界長者番付を発表し、
マーク・ザッカーバーグの推定資産が135億ドル
(日本円で、約1兆1,475億円)、ランク212位から
52位と躍進したことも話題になりました。

Facebookは世界で約6億3200万人の人が
利用しています。人口で見れば、中国、インドの次です。
すごい数ですね。

では、Facebookはmixiと、何が違うのか?
1番には、実名主義が挙げられます。mixiでは、
ニックネーム登録が可能ですが、Facebookは
実名でなければなりません。

実名だと、どうなるか?


発言に責任が生まれますよね?


匿名やニックネームであれば、好き放題言う人がいます。
2チャンネルなどを見れば分かりますね。

発言に責任が生まれるということは、そこで交わされる
情報は真実に近くなります。

先日の東日本大震災の影響で、日本でもかなり利用され、
広がりを見せています。様々な情報が飛び交う中、
真実の情報が欲しいという表れでもあると思います。

現状の国別のユーザー数は、Facebakersによると


Facebook国別ユーザー数


日本は?


Facebook国別ユーザー数【日本】


約255万人の人が登録していて、44位。
44位ではありますが、増加率は4.81%。
ますます、広がりを見せそうです。


では、ビジネスに、アフィリエイトに、どう取り入れていくか。
ソーシャルメディア活用の先進企業としては、アメリカの
スターバックスが有名ですね。

スターバックスがどんな戦略を取っているのか?

また、明日話したいと思います。