病気になり、医師から、
「健康になるために、
野菜中心の食生活を心掛けて下さい。」

医師でない人から、
「健康になるために、
魚中心の食生活を心掛けて下さい。」

と言われたとします。多くの人は、
医師の言葉を信じて、野菜中心の食生活を
実践すると思います。

医師と医師でない人では、
病気を治すことに関して、
医師の方が正しい可能性は高いです。

ですから、医師の言葉を信じることは、
悪いことではありません。

しかし、間違っている可能性があることも、
同時に認識しておく必要があります。


人は、権威の命令に従うことが、
実質的なメリットになるという経験を重ねることで、
権威ある肩書を盲目的に信じる様になりますし、
そのシンボルとしての服装にも影響される様になります。

通行人を呼び止め、
15メートル先にあるパーキング・メーターの
そばに立っている男性を指差し、

「彼は駐車時間を超過してしまったのですが、
あいにく小銭を持ち合わせていないのです。
彼に10セント硬貨をあげて下さい。」

と依頼したところ、
普通の服を着ている時の服従率が42%、
警備員の服を着ている時の服従率が92%
だったというアメリカの実験結果もあります。

それだけ、人は権威ある肩書や、
シンボルとしての服装に影響されやすいということです。

権威の言葉が、間違っている可能性があること、
人は権威ある肩書や、シンボルとしての服装に
影響されやすいということを意識しておきましょう。
思考を放棄し、盲目的に信じるのは危険です。