カスタマーライフタイムバリュー(顧客生涯価値)とは、
企業と顧客が継続的に取引をすることによって、
顧客が企業にもたらす価値(利益)を指します。

個々の取引から得られる利益の最大化を目指すのではなく、
顧客満足度やユーザーロイヤリティを高めることで、
カスタマーライフタイムバリュー(顧客生涯価値)を
最大化しようと考えます。

メルマガアフィリエイトでも、大事な考え方ですね。
顧客満足度やユーザーロイヤリティを高めるために、
無料から有料まで、様々な情報、商品、コンテンツを
提供する。

顧客満足度やユーザーロイヤリティを高めることを
考えなければ、それはただの押し売りになって、
早期に購読解除されてしまうだけです。


マクドナルドは、子供の欲しがるおもちゃ、子供が
楽しめる遊具を置いています。子供にとって、

マクドナルド=楽しいところ

になります。また、人間の味覚は10~12歳までに
ほぼ決まるとも言われており、マクドナルドを食べて
育った子供は、大人になっても食べ続けます。
私も食べ続けています(笑)

マクドナルドを食べて育った大人は、自分の
子供にもマクドナルドを食べさせます。そこには、
カスタマーライフタイムバリュー(顧客生涯価値)を
最大化しよう長期的な戦略が存在しています。

また、クーポンなどで、携帯メールの会員数は
1,300万人を超えています。常にお客造りを
しています。

ハンバーガーが体にいいかどうか、
子供に対する戦略は潜在意識への刷り込みではないか、
ここで、これらを論じるつもりはありません。

しかし、稼ぐために見習うべき戦略も確かに存在しています。