現状、多くの情報商材には返金保証が付いています。
規約に基づいて返金請求すれば、
返金を受けることが出来ます。
しかし、安易に返金請求すべきではありません。


例えば、インフォトップで販売されている
1万円(アフィリエイト報酬5,000円)の情報商材が
アフィリエイター経由、クレジットカードで購入された場合、
販売者の利益は、

1万円-5,000円(アフィリエイト報酬)
-880円(決済手数料)-100円(トランザクション手数料)
=4,020円

です。返金請求された場合には、
1万円を返金することになるので、
販売者は1件の返金につき、
5,980円の損失を被る訳です。

アフィリエイト報酬、決済手数料、
トランザクション手数料は、
販売者に戻って来ません。

返金があった場合に、
金銭的な損失を被るのは販売者であるということを
理解しましょう。


現状、インフォトップで販売されている
情報商材に明らかな詐欺商材というのはありません。

教材から、何かしらの学びは得られますし、
実際に欲しくなって購入したセールスレターからも学べます。
情報収集の仕方も見直せます。

返金保証があるからと購入して、
稼げなかったら、安易に返金請求して返金を受ける。
それを繰り返す。

販売者に損失を負わせるだけで、
何も学ばず、行動も見直さないというのでは、
永遠に稼げるようにはなりません。

稼ぎたいのであれば、
返金保証は当てにしないで行動しましょう。