年商50億円だったり、
年商100億円って聞くと、
単純に「凄い」って思ってしまいがちです。

しかし、利益は?
と聞くと赤字だったりすることも
少なくありません。

ビジネスで大事なことは利益を出すことです。
100億円売ったとしても、それを売るために
100億円以上のコストが掛かっていたのでは、
意味がありません。


私が過去にいた会社の予算会議では、
予算として与えられるのは、
「売上と利益率」だけでした。

営業の中に、与えられた売上予算には
どうしても届かないという営業がいました。

その営業は、コストを削減して、
利益ベースで予算を達成するという
計画書を提出しました。

これ、営業であれば、
当然考えるべき手段の一つですよね。
間違ってない。

しかし、上の人間は「売上と利益率」が
達成できない計画書を怒鳴り散らして、
突っぱねました。

結果、現状に沿わない数字だけの予算表が
出来上がるという・・・(苦笑)

この時、「この会社、ダメだな」と
思いましたが、実際こういった会社も
多いのではないかと思います。


しかし、自分でビジネスをする分には、
予算を決めるのも自分です。きちんと
利益ベースで予算を組み立てましょう。

そして、利益を出すことに集中しましょう。
大事なのは、売上ではなく利益です。