インプレスタセミナーの主催者である
小野たつなりさんと昨年、懇親会でご一緒させて
頂くことがありました。その時に、

「表には出られないんですか?」

と聞いたのですが、その時には

「僕は、表には出ないです。」

とおっしゃっていたのですが、
ついに表に出て来られました。

セミナーでは、その理由を

「もっと稼ぎたくなったから。」

と語っています。


この言葉を聞いて、どう思いましたか?


嫌な奴とか、ムカつくとか、
思いませんでしたか?


もし、そう思ったとしたら、
価値観を変えて下さい。

お金は、価値ある商品やサービスを
お客様に提供して、その価値の対価として
受け取るものですよね。

稼ぐということは、価値ある商品やサービスを
お客様に提供するということです。


つまり、先の言葉

「もっと稼ぎたくなったから。」

は、

「もっと価値ある商品やサービスを、
もっと多くのお客様に提供したくなったから。」

と同義です。

「もっと稼ぎたくなったから。」

という言葉に、嫌悪感を抱いたとするなら、
稼ぐ=価値ある商品やサービスをお客様に提供する
となっていないことの表れです。
稼ぐことに痛みを感じる状態です。


稼ぐということは、価値ある商品やサービスを
お客様に提供するということです。
もっと言えば、

・稼ぐこと=善
・稼がないこと=悪

です。稼いでいる人は、価値ある商品やサービスを
多くの人に提供して、更に多くの税金を払っています。
稼いでいない人は、価値のある商品やサービスを
提供せず、税金も払っていません。

稼ぐことはいいことなんです。
稼ぐことに痛みを感じる状態では、
稼ぐことは出来ません。

アフィリエイトで稼ぐためにも、
しっかりとマインドセットを行いましょう。

→ インプレスタセミナー