何か、嫌なことがあった時に、
他人や環境のせいだと考える。
そう考えないとやっていけない部分は、
確かにあります。

しかし、全ては自分の責任だと考えなければ、
現状を変えることは出来ませんし、成長も出来ません。
現に全ては自分の責任です。

記憶がある限りさかのぼって、
過去にあった嫌なことを、
思い出してみて下さい。

そこに必ず登場する人物っていますか?


いないんです。
ただ一人、自分を除いては。

ということは、嫌なことの原因も
全て自分だと考えるのが普通ですよね。

全ては自分の責任だと考えることは、
簡単ではありませんが、そう考えられれば、
多くのことは自分で変えられる様になります。


例えば、成果は上げているのに、会社自体の業績が悪く、
ボーナスが減ってしまった場合、
会社が悪い、上司が悪いと考えるのは簡単です。

自分が傷付くことはありませんが、
成長もありません。会社や上司が変わるまで、
あなたのボーナス額も変わらないでしょう。


しかし、ボーナスが減ってしまったのを、
上司にアピール出来なかった自分が悪いと考えれば、
今後は自分の成果をアピールしようとしますよね。

自分の成果をアピールすることで、
会社や上司が変わらなくても、
あなたのボーナス額は変わるかもしれません。

変わらなかったとしても、
そうやって自分の成果をアピールすることで、
プレゼンテーションスキルは磨かれます。


他人や環境のせいだと考えた瞬間に、
そのことは自分で変えることの出来ないことになり、
成長も出来ません。

自分のせいだと考えて、初めて
そのことは自分で変えることの出来ることになり、
成長のきっかけにすることが出来るんです。

現状を変え、更なる成長をするために、
全ては自分の責任だと考えましょう。