情報商材アフィリエイターの様々なメルマガを
購読していると、同じような文面を良く見かけます。

差出人を隠したら、誰か分からない様な状況に
なることもしばしばですね。

そんな中、東日本大震災後のメルマガには、
個性を強く感じました。

・被災者へのお見舞い
・亡くなられた方へのお悔やみ
・通常通り、アフィリエイト
・被災に対する情報の発信
・情報発信しない(出来ない)
などなど

正解は存在しない。
不正解も存在しない。
人は誰一人として、同じ価値観ではないから。


大阪に住む私自身は、地震による大きな被害を
受けることはありませんでした。

東北地方、関東地方は大きな被害に見舞われ、
日常は非日常に一変したと思います。

それに比べると大阪は、大きな変化のない
時間が流れているように感じます。


「何をすべきか」


すぐに被災地に行き、
救援活動をすることは出来ません。
したくないということではありません。

今まで通りの日常を送り、仕事をします。
行動せずにただ悲しんだり、同情したり、
立ち止まっていることに意味はありません。

仕事をして稼ぐことは、
誰かの役に立っているということです。
誰かは被災者の方ではないかもしれません。

しかし、稼いだお金を募金することで、
被災者の方たちの役にも立てると思います。

募金をしなくても、日常を送り、仕事をすることで、
日本経済を盛りたてることに繋がります。

被災者の方が仕事に復帰出来る状況になった時、
受け入れられる社会を作ることに貢献しています。

出来ることをするしかありません。
立ち止まっていることは出来ません。