会社に勤めていて、お客さんの要望を
何でも聞いてしまって、結果として
売上は上がるけど、赤字になってる。

そんな状況に直面したことは、
ありませんか?

「この会社もうダメだな」
と思いますよね(笑)

多くの方に商品やサービスを認知してもらう
ための戦略として行う場合を除いて、
ビジネスにおいて赤字の取引をするということは、
あり得ないことです。


アフィリエイトを個人で行っている場合、
利益がそのまま収入に直結してきます。
売上ではなく利益が重要です。

お客さんの要望を何でも聞いてしまって、
結果として赤字では、シャレになりません。


では、どの様なスタンスでビジネスに取り組み、
どの様な仕組みを作れば、個人で効率的に
稼ぐことが出来るのか。

インフォプレナーとして、アフィリエイターとして、
第一線で活躍し続け、最近では馬主にもなった
戦略家の思考から、学ぶことが出来ます。






関口さんの教材である「マスターブレイン」は販売終了、
「MAS(マスターアフィリエイトスクール)」は
募集を終了しています。

書籍『これからの「稼ぎ」の仕組みをつくろう』は、
関口さんの思考に触れられる
数少ないコンテンツの1つです。


会社勤めが長くなれば長くなるほど、
その会社の常識が、自分の常識に
なってしまいがちです。

アフィリエイトで効率的に稼げていないのであれば、
その常識が稼ぎを阻害しているのかもしれません。

特に、68、77、89、94、95、188、202、
249ページは必読の内容です。