セールスレターを書く技術を一般的に「コピーライティング」と
言います。「コピーライティング」で重要なのは、「3つのnot」を
超えることです。

「3つのnot」とは、マックスウェル・サックハイムの「4つの質問」
から派生した言葉で、

1、Not read(読まない)
2、Not believe(信じない)
3、Not act(行動しない)

ということです。お客さんは、メールを読まないし、
読んだとしても信じないし、信じたとしても行動しません。

では、どうしたら、読んでもらい、信じてもらい、
行動(購入)してもらうことが出来るのか?を考え、
セールスレターを書く必要があります。

一般に「3つのnot」を超えるために大切だとされている
ことを記します。

1、Not read(読まない)
・お客さんが読みたくなるような、キャッチ(見出し)

2、Not believe(信じない)
・誰もが認めるような根拠や証拠
・分かりやすい説明
・権威ある人の推薦文
・お客さんの声

3、Not act(行動しない)
・決済方法
・限定性、緊急性
・価格

誰でも売り込まれたくないし(読まない)、
騙されたくないし(信じない)、面倒くさい(行動しない)ことを
認識して、セールスレターは書かなければなりませんね。