様々な情報商材アフィリエイトのメルマガを購読し、
目を通していますが、最近は無料オファーが
すごく多くなってきていますね。

先日、FREE戦略について少し書きましたが、
http://tshibasaki.com/archives/348

実際に無料オファーを受けてみて、

ええっ、これが無料(^_^)というもの
無駄な時間を奪われた(;一_一)というもの

に分かれますね。感じ方は人それぞれだと思いますが。

いくら無料でも、無駄な時間を奪われた(;一_一)と思われてしまった
場合、その後の有料の商材の購入はもちろん、メルマガも解除したく
なりますね(笑)

つまり、FREE戦略といっても、無料のための無料コンテンツでは
意味がない、ということですね。

リアルビジネスであれば

ええっ、これが無料(^_^)というもの
→再春館製薬所の「ドモホルンリンクル」、
やずやの「香醋」「雪待にんにく卵黄」など

無駄な時間を奪われた(;一_一)というもの
→駅で配られるポケットティッシュ

の様なものです。


しかし、駅で配られるポケットティッシュは、ティッシュとして
役に立ちます。そして、多くの方の目に触れます。目的意識を
持って見ないまでも、もらったポケットティッシュの企業名の
1つや2つは、覚えているものですよね。

もともと、企業がポケットティッシュを配る目的は、多くの人の
目に触れ、認知度をアップさせ、後々収益を回収することに
あります。

規模は違えど、テレビCMや広告看板などと同じように、
宣伝効果を狙っています。即時的に成約を狙ったものでは
ありません。

しかし、コンテンツビジネスでの無料のための無料コンテンツ、
質の低いコンテンツは、ユーザーの時間を奪うのみ、です。
反感さえ買うかもしれません。

コンテンツビジネスでのFREE戦略とは、有料で販売されていても
おかしくない、品質の高いコンテンツを始めに提供して、
信用してもらうことが目的です。

これだけ質の高いものを無料で提供してくれたのだから、
その人の有料のコンテンツも信用できるだろうと思われて、
購入に至ります。

信用の他に、誰しも経験があると思いますが、
他人から何かをしてもらうと、お返しをしなければならないという
感情が起きます。心理学では、「返報性の原理」とも言います。

信用され、お返しをしたいと思われるような無料オファーで、
初めて購入してもらえるのです。そうでなければ、
ティッシュの役目も果たさない、ただのゴミです。

今後のビジネスは、いかに時間を使ってもらうかが、鍵です。
そんな中で、時間を奪うのみの質の低いコンテンツは悪です。

稼ぐためには、無料で提供するものであっても、全て出し切る
ぐらいのコンテンツにしなければなりませんね。