クロスセルとは、ある商品の購入者や購入希望者に対して、
その商品に関連する別の商品、あるいは組み合わせて
使える商品を勧め、同時に複数の商品を購入してもらう
ことを狙った販売手法のことです。

例えば、家電量販店などでデジカメを購入しようとしている
顧客にデジカメケース、メモリ、プリンターなどを勧めるなどの
方法になります。同時購入の場合のみ、それらの商品を
割引にしたりもします。

こういった例は、単純なものですが、一般にクロスセルを
実現するためには、顧客の消費行動の詳細な分析、
豊富な商品知識が必要とされます。

ネットビジネスでは、ショッピングサイトなどでもよく
見かけますし、コンテンツビジネスでは、ワンタイムオファー
(登録や購入した後になどに、一度だけウェブページに表示
されるオファー)などの販売手法で良く見られます。

ネットビジネスにおいても、リアルビジネス同様、
顧客の消費行動の詳細な分析、豊富な商品知識が
必要になります。

仮説を立て→実行し→データを解析し→改善する
このプロセスを繰り返すことで、継続的な質の維持・向上が
可能になります。このプロセスでしか質の維持・向上は
できないと言っても過言ではありませんね。

中でも、データを解析することは重要です。
メルマガアフィリエイト、ブログアフィリエイトでは、
トラッキングを利用して、コンバージョン率を算出する方法が
一般的です。

ちなみに、簡単ではありますが、

・トラッキング・・・ユーザーの動きを追跡・分析すること
・コンバージョン・・・請求、登録、購入など、ウェブサイトから
獲得できる最終成果に至ること
を言います。