商品名やサービス名で検索する人は、
既にその商品やサービスを知っている状態なので、
サイトにおいて成約率も高くなります。

商品名やサービス名の日本語ドメインを
取得してサイトを作成すれば、その商品名や
サービス名の検索結果で上位表示させやすくなります。

成約率の高いアクセスを集めやすくなるので、
商品名やサービス名の日本語ドメインを取得して
サイトを作成することは、サイトアフィリエイトで
稼ぐために有効な手段です。

しかし、商品名やサービス名で
日本語ドメインを取得する際に、
気を付けなければならない点があります。

それは、その日本語ドメイン、つまり
アフィリエイトしようとする商品名やサービス名が
商標登録されている場合です。

商標とは、商品やサービスに付けるマーク(標章)です。
商標登録されると、商標権の効力の範囲で
他人の使用が禁止されます。

商標権を持つ個人や会社に、不正なドメインとして
判断された場合、登録取消や移転処理を紛争処理機関に
申し立てられることがあります。

また、「不正競争防止法」に基づき不正競争行為とみなされ、
損害賠償を請求されるケースもあります。

アフィリエイトプログラムに関しても、ASPに広告主から
指摘があった場合は、提携解除や報酬の取り消しといった
措置が取られる可能性があります。

アフィリエイトするということは、その商品やサービスを
販売しようとすることなので、不正と判断されるのは
おかしいと思われるかも知れませんが、ASPや広告主と
争ってもアフィリエイターとして何の得もありません。

ASPや広告主からドメインの使用を止める様、
依頼があった場合には、速やかに従った方が無難です。


そういったリスクを事前に回避するには、
取得しようとする日本語ドメインの商品名やサービス名が、
商標登録されているかどうかを確認することです。
特許電子図書館

確認した後に、商標登録されるケースもありますし、
完全にリスクを回避することは出来ませんが、
低減させることは出来ます。