2つの選択肢から1つを選ばなければなりません。
あなたなら、どちらを選択しますか?

【質問1】
1、確実に100万円を貰える
2、コインを投げて表が出れば200万円貰え、
裏が出れば何も貰えない


選択できましたか?
では、次に

【質問2】
1、確実に100万円を取られる
2、コインを投げて表が出れば何も取られず、
裏が出れば200万円取られる


どうですか?
選択できましたでしょうか?

この選択に正解も不正解もありませんので、
直感的に選んでみて下さい。


質問1の場合、期待値はどちらも100万円で
変わりませんが、ほとんどの人は1を選択します。

質問2の場合、こちらも期待値は-100万円で変わりません。
普通に考えれば、質問1で確実性の高い1を選んだ人は
同様に1を、ギャンブル性の高い2を選んだ人は同様に2を
選択すると推測できます。

しかし、実際には、質問2では多くの人が2を選択します。
この結果が何を意味しているかというと、多くの人は

利益を目の前にすると、利益が手に入らないという
リスクを回避することを優先し、

損失を目の前にすると、損失というリスクそのものを
回避することを優先するということです。

行動経済学では、プロスペクト理論として広く知られています。
人は損をしたくないという意識が強いということです。


アフィリエイトで商品やサービスを紹介する際、
行動を起こしてもらうために、行動を起こす
メリットを提示しますよね。

しかし、メリットを提示する以上に、行動を起こさない
デメリットを提示することが、行動を起こしてもらう
ためには効果的なんです。

アフィリエイトで稼ぐために、行動を起こすメリットの
提示だけではなく、行動を起こさないデメリットも
提示する様にしましょう。