以前、SCアフィリエイト 登録方法で紹介した
SCアフィリエイトセンターに登録をした方は、
無料オファーの禁止事項について、メールが
届いたと思います。

以下、一部抜粋すると

禁止1 21日間での解約を促して紹介する行為

「21日以内に解約さえすればお金はかかりません」
と前置きしたプロモーション方法は絶対におやめください。

禁止2 特典を引き換えにしたアフィリエイト行為

「教材プレゼントを申し込んだ人に●●を進呈します(教えます)」
といった、特典をエサとしてお試し購読を勧める
アフィリエイト活動は絶対におやめください。

禁止3 自己アフィリエイト行為
禁止4 スパム行為

といった内容です。禁止3については、
禁止されている無料オファーがほとんどです。
禁止4については言うまでもありませんね。

注意すべきは、禁止1、2に関してです。

今はまだ、解約を促して紹介する行為、
特典を引き換えにしたアフィリエイト行為が、
許されている無料オファーも多いですし、
やっている方も多いので、注意が必要です。

今後、禁止する無料オファーは増えてくると
思います。なぜか?

解約を促して紹介する行為をした場合には、その後
販売される、バックエンド商品を購入しないことを
決めている方も申し込んでしまいます。

特典を引き換えにしたアフィリエイト行為をした場合には、
無料オファーの商品やサービスではなく、特典だけを
目当てにして、バックエンド商品を購入しないことを
決めている方も申し込んでしまいます。

購入しないことを決めている方に申し込まれても、
無料オファーのアフィリエイト報酬は支払わなければ
なりません。しかし、その資金を回収するための
バックエンド商品は売れないということになってしまいます。

無料オファーのアフィリエイト報酬を高く設定し、
無料で渡す商品(フロントエンド商品)の費用が高ければ、
登録されたメールアドレスを取得できたとしても、
稼げる仕組みにならないということです。

今年は、こういった無料オファーも増えてくると思われます。
当然ですが、ASPがなければ、アフィリエイトで稼ぐことは
出来ません。規約に則ったアフィリエイト活動をしましょう。