検索順位は相対評価です。仮に、あなたのサイトが
「アフィリエイト 稼ぐ」というキーワードでSEOが90点でも、
91点以上のサイトが10サイトあれば、
検索順位は11番目以下になります。

しかし、あなたのサイトが30点でも、
30点以上のサイトが1つもなければ、
検索順位は1番目になります。

つまり、理論上は狙ったキーワードで自サイトより
上位表示されているサイトのSEOと全く同じことをした上で、
更にSEOをすれば、検索順位で1番目に表示させることが
可能だということです。

実際にこういった点数がある訳ではありませんし、
ページの掲載順位には200以上の様々な情報が
反映されているとされていますから、
全く同じSEOをすることは不可能です。

では、自サイトより上位表示されているサイトのSEOを
参考にする上で、最も重要になるのは何か?

現在、Yahoo!もGoogle共にGoogleの検索エンジンを採用し、
Googleの検索エンジンは、外部要因(被リンク)を重視していますから、
競合サイトの被リンクを調べることが重要です。

競合サイトの被リンク元のページ(サイト)に、
自分も同じ様にリンクを張っていく。これは、SEO業者さんで
良く使われている手法だそうです。


昨日、SEO業者の社長さんのセミナーでは、
競合サイトの被リンクを調べていて、リンク元に
こういったページがあったと話されていました。


DW230


これは、Google、Yahoo、Bing検索エンジンでの
順位検索ツールを提供しているDW230の、
キーワード「アフィリエイト 稼ぐ」の検索結果ページです。

こういった検索結果ページが、被リンク元として
認識されていたそうです。自サイトをGoogleに
登録するだけではなく、自サイトにリンクを供給している
ページもGoogleに登録し、リンクを認識させる。

お分かりの様に、上記のページを認識させたところで、
検索結果に表示されている全てのサイトにとって
プラスになってしまうので、自サイトを上位表示させることは
恐らく出来ません。

しかし、自サイトをGoogleに登録するだけではなく、
自サイトにリンクを供給しているページもGoogleに登録し、
リンクを認識させるということは大事なことだと思いました。

例えば、先日紹介した
ライブドアグルメの登録方法
無料ディレクトリ登録「ディレクトリスト」登録方法
等で専用ページが生成されたら、リンクを認識させるために
忘れずにGoogle検索エンジンにも登録しましょう。