Yahoo!カテゴリーとは、Yahoo!JAPANがサイトを収集し、
カテゴリーごとに分類したリンク集です。
Yahoo!カテゴリー

トップは、この様な画面になります。


Yahoo!カテゴリー


例えば、アフィリエイトであれば、トップ>コンピュータとインターネット>
インターネット>インターネットビジネス関連情報>オンライン広告>
アフィリエイトとなります。


Yahoo!カテゴリー アフィリエイト


こちらに登録されることで、若干のアクセスが見込めます。
Yahoo!JAPANの検索エンジンが、米Yahoo!の独自開発した
Yahoo! Search Technology (YST)を採用していた時には、
検索でもかなり優先的に上位表示されていました。

しかし、Yahoo!が昨年末、Googleの検索エンジンに切り替えたため、
優先的な上位表示は無くなりました。それでも、登録されるページは
ページランクも3~6と高く、SEO効果が高い被リンクとなります。

また、Yahoo!カテゴリーは、1998年7月以降サーファーと呼ばれる方が
直接サイトを見て審査し、登録するのにふさわしいサイトのみ、
登録される様になりました。

非商用サイトの登録基準は、


Yahoo!カテゴリー 非商用サイトの登録基準


商用サイトの登録基準は、


Yahoo!カテゴリー 商用サイトの登録基準


となっています。審査料は非商用サイトは無料、商用の一般サイトは
パソコンサイトが52,500円(税込)、モバイルサイトが52,500円(税込)、
パソコンサイトとモバイルサイトのセット申し込みは、84,000円(税込)です。

慎重な審査が必要となるアダルト、風俗営業、健康食品、健康用品、
スキンケア、ヘアケア、行政書士、司法書士、出会い、ギャンブルに関するサイト、
美容を目的とした施術に関するサイト、マッサージなどの各種療法に関するサイト、
個人が対象の調査サービスに関するサイトに関しては、審査料が高く設定されています。

パソコンサイトが157,500円(税込)、モバイルサイトが157,500円(税込)、
パソコンサイトとモバイルサイトのセット申し込みは、252,000円(税込)となっています。
一般サイトと慎重な審査が必要となるサイトのセット申し込みは、168,000円(税込)です。


Yahoo!カテゴリーに登録されるには、細かな審査基準を満たした信頼性の
高いサイトと言えます。コンテンツが充実し、SEOも強いと想定されます。
つまり、キーワード選定において上位表示されるサイトにYahoo!カテゴリーに
登録されているサイトが多いかどうかでも、そのキーワードが競合の強弱を測る
目安になるということです。

逆に、自分のサイトをYahoo!カテゴリーに登録することが出来れば、
Yahoo!JAPANが、Yahoo! Search Technology (YST)を採用していた時ほどの、
検索での優先的な上位表示は見込めませんが、

・アクセス
・SEO効果が高い被リンク
・信頼性

を得ることが出来ます。昨年までYahoo!カテゴリーの登録申請は、
1日当たり200件とも言われており、上記審査料52,500円(税込)で
計算すると1日当たり1,000万円、年間36億5千万の事業でした。

現状の登録申請数は分かりませんが、将来的にYahoo!が
Googleの検索エンジンに、独自の検索エンジンを加味する、
つまりYahoo!カテゴリーの優先的な上位表示をさせる可能性もあります。

更に、Googleとの契約期間は2年間です。将来的なことを
考えて手をYahoo!カテゴリーに登録しておくことは、検索エンジンに
左右されずにアフィリエイトで稼ぐために、考えておくといいと思います。