「スティーブ・ジョブズ氏の死去」のニュースに
ビックリしました。先日、アップルCEOを辞任した際、
体調が良くないことは分かっていましたが、
とても残念なニュースでした。

とは言っても、私自身はアップル製品の愛好者という
訳ではないですし、スティーブ・ジョブズ氏のことも
アフィリエイトを始めてから、ある方のセミナーで知りました。

そこで、興味を持ち、多少YouTubeのスピーチを見たり、
関連書籍を読んだりしたことがあるぐらいなんですが、
「スティーブ・ジョブズ氏の死去」のニュースで、
更に興味を引かれています。

なぜ、スティーブ・ジョブズ氏が生きている間に
もっと興味を持って、学んだり知ったり出来なかったのか?

恐らく、スティーブ・ジョブズ氏が生き続け、
いつでも学ぶことが出来る、知ることが出来ると
潜在意識で思っていたからだと思います。


いつでも学ぶことが出来る、知ることが出来るから、

いつか・・・
また、今度・・・

ご存じの通り、この「いつか」や「また、今度」は、
訪れないことが多いです。いつでも出来ると思っているうちは、
いつまで経っても出来ないということを、実感させられました。

スティーブ・ジョブズ氏は亡くなりましたが、実際には、
その功績、言葉、精神は生き続けますし、今からでも
学ぶことが出来ます。私は、本を購入しました。


   


学んでみようと思います。今回、スティーブ・ジョブズ氏の
「死去」が行動を起こすきっかけになりました。
本当は、そんなことなしに行動出来れば良かったと思いますが、
これはこれでポジティブな変換の一つだとも思っています。