被リンクを一気に増やすと、Googleで検索順位が
上がるサイトと下がるサイトがある様です。

検索順位が下がるサイトの特徴は、
「トップページにしかリンクされていない」
サイトだそうです。

通常のサイトやブログであれば、面白い記事や
ためになる記事は、トップページではなく、サブページ
(記事ページ)にありますから、トップページのみに
被リンクが一気に増えるのは、不自然です。

不自然なため、SEO(自作自演の被リンク)をしたと
判断され、検索順位が下がるのだと思われます。
下がる期間は、約1ヶ月です。

サイト作成の初心者が検索順位が下がるのを経験すると、
検索順位がSEOをしたから、検索順位が下がったのだと
思わされます。(実際にそうなのですが)

すると、今後SEOをしなくなる可能性が高くなります。
私も、サイトの検索順位が大幅に下がった時は、
SEOをするのは止めようと思いました。

今でも過度な(不自然な)SEOをするつもりはありません(笑)


SEOをする人がいなくなれば、Googleにとっては
好都合なことです。よりユーザーが求める情報を
検索結果に反映させることが出来るようになるからです。

しかし、実際にはSEOをする人はいなくなりません。
いくら面白い記事やためになる記事を書いても、
検索結果の上位に表示されるとは限らないというのが
現実です。

ですから、アフィリエイトで稼ぐためのサイトであれば、
サブページにも被リンクを増やして、検索結果の上位に
表示させて、ユーザーにしっかりアピールしましょう。