グーグルで検索できるサイトは全て、グーグルによってランク付け
されています。ランクは0~10まであります。ちなみに、本日2/7現在、
グーグルが8、ヤフーも8になっています。

この数値は、どれほどネット社会で認められているかをグーグル独自の
アルゴリズムで決定しています。グーグルの検索結果を見てみると、
上位にあるのはページランクの高いものが多いですね。

ページランクのアルゴリズムは、引用に基づく学術論文の評価に似ている
と言われています。つまり、「重要な論文ほど、多くの人に引用されるので、
被引用数が多くなる」という発想です。

ウェブページでは、被引用数は被リンク数にあたります。重要なページ
からのリンクは価値が高いと考えられます。しかし、リンク集ページなどが
ほとんどページランク「0」になっているように、大量のリンクのみに評価は
ありません。ただし、リンク集のページ自体はページランクが低くても、
サイト自体(トップページ)の評価は高まります。

自分が検索エンジンで情報を検索し、上位表示されたページをクリックしたら、
リンク集ページ・・・これ、どう思いますか?ユーザーとしては、使えない
検索エンジンということになってしまいますよね。そういったことが無いような
アルゴリズムになっています。

ページランクの高さが直接、上位表示される要因ではありませんが、
相関関係はあるようです。アフィリエイトでSEO(検索エンジン対策)
するうえでは、確認する必要がありますね。

ページランクを調べるには、グーグルツールバーをインストールする
だけです。無料ですのでインストールして、様々なサイト、自分の
狙うキーワードで上位表示されているサイトを見てみてください。