最近、多くのアフィリエイト、ネットビジネスの塾があります。
期間は3ヶ月~半年、価格は10万円~35万円ぐらいのものが
多くなっています。

情報商材の価格は、1,000円~30,000円ぐらいですから、
同じように紹介しても、なかなか販売することは出来ません。

今日は、そんな高額商材の塾(20万円~30万円)を
7人成約させた方のセミナーを聞きましたが、
なんとその方は当時、リストを持っていなかったそうです。


では、どうやって販売したのか?


それは、セミナー会場に足を運び、懇親会にも出席し、
そこで見込み客を獲得したということでした。

ネットビジネスでは、
リスト=メールアドレス
というのが、一般的だと思います。

しかし、その方は
リスト=見込み客
と表現していました。

実際にアフィリエイトするには、メールアドレスを
聞く必要がありますが、リアルビジネスでは、
会話をして名刺交換をすれば、名前・電話番号・
メールアドレスを取得することも可能な訳です。

特に、塾などの高額商材などは、通常の情報商材より
ユーザーの警戒心も大きくなります。その警戒心を解くためには、
実際に会って話をすることは非常に有効です。


アフィリエイトで稼ぐには、見込み客をいかに集めるかが
最も大事です。そして、見込み客を獲得する方法は
ネット上だけでなく、リアルビジネス上にも数多くあることが
分かりますね。