米Yahoo!のMicrosoft Bingへの移行に伴い、
Yahoo!サイトエクスプローラーが終了すると
公式ブログに掲載されました。

海外向けサイトを運用していない限りは、
米Yahoo!のMicrosoft Bingへの移行はほとんど
無関係です。

しかし、過去にも紹介しましたが、
米Yahoo!で被リンク数を調べる
ことが出来なくなります。

Bingにもウェブマスターツールがありますが、
Googleウェブマスターツール同様、管理サイトの
バックリンクデータしか分かりません。

管理していないサイトのバックリンクデータを調べるには、
「SEO革命」で全日本SEO協会代表理事の鈴木将司さんも
紹介していたOpen Site ExplorerMajestic Site Explorer
使用することになりそうです。

ただし、Open Site ExplorerやMajestic Site Explorerで、
完全なデータを得るためには、有料メンバーにならなければ
なりません。

サイトアフィリエイトで稼ぐには、競合調査は必須です。
現状では、年内いっぱいぐらいまでは、
Yahoo!サイトエクスプローラーを使用できそうですから、
今のうちに競合を調べておくのも一つの手です。


Googleの検索アルゴリズムは、200 以上の様々な情報が
反映され、最良の検索結果を提供するため常に更新が
行われているとされています。

そんな中、被リンク数やGoogleページランクは、明確に
数値化されるために、サイトアフィリエイトで競合を調査する際には、
非常に分かりやすい指標になります。

ただし、指標の一つでしかないということも同時に理解しておく
必要があります。

被リンク数や、ページランク以外の競合調査で、
簡単に分かる目安としては、狙ったキーワードで検索して

・検索ヒット数
・上位表示されているサイトのタイトルにキーワードが入っているか
・上位表示されているサイトのページ数やコンテンツ

を見れば、ある程度は分かります。こういった感覚を
磨いておくことも大事ですね。