記事の中にどれだけキーワードが露出されているかに
よっても、検索順位に影響を及ぼします。

例えば、

「ネットビジネスの多くは、トラフィックビジネスとリストビジネスに
分類することができます。

トラフィックビジネスは、キャッシュポイントを作って、アクセスを
流し込んで売れるのを待つビジネスです。アフィリエイトでは、
ブログアフィリエイトやサイトアフィリエイトがこれにあたります。

一方、トラフィックビジネスは、リストを収集して、リストに対する
信頼を築きあげ、リストに対して売るビジネスです。アフィリエイト
では、メルマガアフィリエイトがこれにあたります。」

という記事を書いたとします。この場合アフィリエイトという言葉が
頻繁に出てきます。しかし、ここまでいくと検索エンジンは、キーワード
スパムと判断します。

狙いたい第1キーワードは、トップページで5%、サブページで2~4%
ほどの出現頻度、また第2キーワードの倍以上にすると、検索順位で
上位表示できる可能性が高くなります。

これは、検索エンジンロボットが、そのサイトが何について書かれたものか
を判断する際に、特定しやすくなるなるからです。つまり、検索エンジンで
好かれるのは、専門性の高いサイトということになります。

しかし、出現頻度は自分ではなかなか分かりません。
そこでキーワード解析ツールで自分のサイトを解析し、確認することが
必要になります。

下記、おススメツールを紹介致します。

キーワード解析
キーワード出現頻度解析ツール


こういったツールを使い、自分のサイトを解析し、記事の書き方を
工夫することで、自分が狙うキーワードで検索エンジンの上位表示を
することが可能になります。