内部リンクの充実は、外部要因に依存せずに、自分で
行えるSEOです。できる範囲で、取り組みましょう。


1、全てのページからトップページへリンクを張る

これにより、記事が増えることで自然とトップページへの
リンクが増え、トップページが強くなります。無料ブログの
テンプレートでも初期設定されてるものが、多いようですが
確認しましょう。


2、記事同士のリンクを張る

記事同士のリンクは、SEO効果の他にも、PV(ページビュー)と
呼ばれる、ブログ全体で何ページ閲覧されたかという数字を
伸ばす方法としても有効です。

検索経由で訪れた記事内に、さらに詳しく書かれた記事リンクが
あることで、訪問者の方に満足して頂ける場合もあります。

また、記事内に関連する商材(商品)がある場合には、その商材
(商品)へ、あるいはレビュー記事への誘導ができれば、売れる
可能性も増えます。


3、アンカーテキストをキーワードにする

アンカーテキスト(anchor text)とはHTML文書の中で、リンクが
設定された文字列のこと。HTMLでは他の文章や画像をリンクを
設定するのに、【a】タグを使用しますが、【a href=”…”】と【/a】で
囲まれた部分をアンカーテキストあるいはリンクテキストと言います。

検索エンジンは、このアンカーテキストを通常のキーワードとは
区別して識別し、ある程度重要視すると言われています。
 
ブログ内でテキストリンクを使用する際には、
例えば、「グーグル」というキーワードに強くしたい場合には、

http://www.google.co.jp/

より

グーグル

の方がSEO効果があるということです。これは、自分がブログを
作成する時だけでなく、自分のブログや記事がリンクを受ける時
にも重要です。

例えば、今グーグルの検索窓に「退場」と入力して検索結果を
みると

検索順位1位にYahoo! JAPAN、5位にはGoogleが上がっています。
一見、「退場」には関係のないYahoo! JAPANやGoogleですが、
アダルトサイト等の18歳未満、閲覧禁止のサイトなどに設置された
「退場」が、Yahoo! JAPANやGoogleへとリンクされているために
「退場」というキーワードで上位表示されるということです。


自分自身で可能なSEO(検索エンジン対策)を施して、記事を
増やしながら、アクセスアップを目指しましょう(^_^)