今日、8月13日6:00、和佐大輔さんと原田翔太さんの教材、
「リストビルディング大百科」の販売が開始されました。
8月17日23時59分59秒までの格安販売です。

「リストビルディング大百科」は、2011年6月に
参加費20,000円で開催された「List Building Method Seminar」の
動画(約6時間40分)教材です。

早速購入し、動画を観ました。あまりに抽象的な表現になりますが

「凄すぎる」

内容です。

新しいスタンダード、新しい文化を作るためには、大量の見込み客が必要です。
では、大量の見込み客を集めるには、どういった戦略と戦術が必要かということが、
お二人それぞれの視点で語られています。

戦略と戦術については、様々語られていますが、
ここでは、分かりやすく

「戦略」・・・考え、目に見えないもの
「戦術」・・・行動(ノウハウ)、目に見えるもの

と定義します。つまり、新しいスタンダード、新しい文化を作れるほどの
見込み客を集めるには、どういった考え、行動が必要かということが
語られているということです。



多くの情報商材は、行動(ノウハウ)を事細かに解説しています。
それは、手にしたユーザーが考えを理解していなくても、
実践するだけで、ある程度の結果を生むことが出来るからです。

そして、多くのユーザーはそういった方法を求めています。
考えずに実践すればいいだけだからです。

「リストビルディング大百科」は、考えについて詳細に、
行動(ノウハウ)については大まかにしか述べられていません。
実践するには、難しい教材です。

実践するには「リストビルディング大百科」の内容を理解し、
自分で戦略(考え)を練り、その戦略を元に教材で紹介されている
戦術(行動)を適応させる作業が必要になるからです。

しかし、そうすることでしか新しいスタンダード、新しい文化を
作れるほどの見込み客を集めることは出来ません。
何より、自分自身がワクワクしません。

マニュアルを読んで、何も考えずに実践するだけのことに
ワクワクはしませんよね?

“何も考えず、ある程度の結果”が欲しい人には、不要な教材です。
“ワクワクと大きな結果”が欲しい人には、必要不可欠な教材です。
リストビルディング大百科


アフィリエイトに留まらず、ネットビジネスに留まらず、
リアルビジネスを含めた全てのビジネスに応用できる教材です。

私は、動画を見終わった後、いくつかのメルマガを解除しました。
“ワクワク”しないものが敏感に感じ取れます(笑)