昨日、入力ミスのキーワードについて話しました。
入力ミス キーワード

今日は、更にキーワードを増やす方法について、
話したいと思います。

ビッグキーワードと言われる強い競合が多く存在する
キーワードで、サイトを作成する場合、上位表示させるには
相応のSEOと時間を要します。

ここで、そのキーワードを捨ててしまう場合も多いと思いますが、
昨日話したように「YouTube」を検索しようとして、
「ようつべ」と入力ミスをして検索してしまうユーザーも
かなりいることが分かります。

例えば「ダイエット」は、通常全角カタカナで
検索されることが多くなりますが、あえてずらして

・平仮名で「だいえっと」
・英語(日本語に変換しない)で「daietto」

をキーワードに設定することで競合サイトは圧倒的に
少なくなりますし、弱くなります。SEOのテクニックが
低くても、短期的に上位に表示させられる可能性が
上がります。

ちなみに、Googleキーワードで月間の検索数を調べると

・「ダイエット」・・・2,240,000回
・「だいえっと」・・・590回
・「daietto」・・・2,900回

となっています。半角カタカナで「ダイエット」は、携帯サイトでは
有効かもしれませんが、PCサイトでは文字化け等をしてしまう
可能性も高いので注意が必要です。

ちょっとした工夫で、ビッグキーワードがスモールキーワードに
なることがあります。サイトアフィリエイトで稼ぐには、こういった
視点も大事になります。