比較的、良く検索するキーワードの1つに、
「ようつべ」があります。


「ようつべ」?


何か、分かりますか?


勘のいい方、実際にこのキーワードで検索したことの
ある方は、分かるかもしれませんね。


そう、「ようつべ」は「YouTube」を日本語入力した際の
単語です。実際に良くやってしまうのですが、
凄いと思うのは


youtube1


検索結果の一番上にYoutubeのサイトが表示されることです。
サイトのソースを表示させて、キーワードを確認しましたが、
キーワードにはされていませんでした。

「ようつべ」というキーワードを含めたアンカーテキストでリンクを
貰っていると思われます。

実際に、どれほど検索されているのか、Googleのキーワードツールを
使って確認してみると、


youtube


なんと、月間で82万3000回も検索されています。
ちなみに、「youtube」での検索は、

グローバル月間検索ボリューム・・・11億2000万回
ローカル月間検索ボリューム・・・2040万回

「ようつべ」と検索するのは、日本だけであると
仮定すると約4%(82万3000÷2040万)の人が誤って、
検索していることが分かります。


こういったキーワードは、当然競合が少なく、
上位表示させるのが簡単です。

ある程度、検索数のある入力ミスのキーワードも
拾っていくことも、アフィリエイトで稼ぐには有効な
手段です。

自分が実際に入力ミスをしてしまうキーワードの
検索数を調べてみると、面白いかもしれません。
意外な発見がありますし、それが稼げるキーワード
ということもあります。